ファーストクレジットなら不動産担保ローン

ファーストクレジット.net > 知らなきゃ損する?!
裏・耳より情報

知らなきゃ損する?!
裏・耳より情報

融資額が20倍の土地?! - 不動産担保ローン 情報 -




お金を融資してもらうためにいろんなものを担保にしたり、
誰かを保証人にたてたりしますよね。


中でも不動産を担保にしてお金を借りるのは
非常にメジャーな方法だと思います。


でも同じ不動産でも、持っている建物や土地の種類によって、
借りられる金額の幅がかなり違うのを皆さんはご存知ですか?


土地の面積の広さや、坪単価が高い土地はもちろんそうなんですが、
私がここでお伝えしたいのはいわゆる「軍用地」に関してなんです。


軍用地とは、
今日本にあるアメリカ軍などに土地を貸している場合、
その土地を担保にしてお金を借りる
という方法なんです。


なんと、同じ土地でも軍用地だと、
借りられる金額の枠が20倍にも跳ね上がるのです。


それくらい、金融機関お墨付きの価値ある土地なんですかねえ。
でも!!軍用地で借りられる枠が大きいからと言って、
借りすぎはもちろん禁物ですよ。


お金の問題は、生きている間だけでなく
そのあとにもずっと引きずられていくとても大きな問題ですから、
きちんと計画を立てて借りてくださいね。

貸金番号で悪徳業者を見分けよう - 悪徳 不動産担保ローン -




日本で貸金業務を営むのであれば国からの許可を得なければいけません。
この許可を得たら貸金登録番号というものに登録することになります。


この番号は三年ごとに申請、更新する必要があり、
更新のたびに()内の数字が一つずつ増えていきます。


つまりこの番号が(1)の場合設立して1から3年の間です。
(3)の場合は設立から6年以上9年未満であることになります。


設立と廃業を繰り返す悪徳業者はこの番号が(1)であることが非常に多いので、
必然的に悪徳業者は(1)に集中していることになります。


では貸金番号が(1)以外の場合はすべて安心か?といえばそうではありません。
あくまでも目安です。


また貸金番号を標榜していない会社もありますが、
この場合は問題外です。そもそも存在自体が違法ですから。


よくDMで送られてきたりするものに多いようです。
皆さんはこういった違法な業者に引っ掛からないでくださいね。

融資してもらえない理由 - 不動産担保ローン 情報 -




不動産を担保にした融資額の上限をご存知ですか?
大まかに言ってその不動産の持つ価値の60から80%の範囲で
融資額の上限を決めているのです。


この範囲に収まらない会社は金利が少々高めに設定されているようです。
そもそも不動産には調整区域、持分、再建設不可等
いろいろな種類があります。


そしてその地域ごとの法律、条例があり、
その土地、その土地で環境がかなり違います。


それにより数字上では不動産の評価価値が高くても
融資を受けることができない場合もあります。


融資会社はあなたが返済をできなくなった場合に、
担保の不動産を転売します


その時にその不動産が売れないのであれば全く意味がありません
こういった理由で融資会社は不動産の価値をしっかりと定め、
上記に挙げた範囲内での融資を行っているのです。


不動産の評価額が高くても、融資を受けることができなかった背景には
そういった理由があったんですね。

融資してもらえない理由 - 不動産担保ローン 相談 -



先日知人から、
不動産担保ローンをしている場合、
返済中に新しいローンを組むことは可能なんでしょうか?

私は返済して二年になります。」
と質問を受けました。


私の答えは「基本的にNO、状況ではYES」ということです。


この知人の場合ではまず難しいです。
その知人は車の購入にローンを組むことと、
子供の教育資金を貸してもらえないかということを考えていました。


まず不動産ローンを組んでいると、
いや他のローンを組んでいた場合でも、
銀行やその他の融資会社からの借り入れは難しいといえます。


なぜなら返済可能かどうかの疑問があるからです。
銀行も返済のめどが立ちそうにない人、
他の返済に追われている人にお金を貸しにくいのが実情です。


このほかにも理由は3つあります。
1つ目はこの知人の収入は一般成人男性の稼ぎと
ほぼ同じだと言っていいのですが、
もし高給取りであれば可能性があったかもしれません。


2つ目はまた他にも土地や建物などの物件があれば
まだ可能性があったかもしれません。


3つ目は他にも不動産担保ローンをして
まだ二年しかたっていないことが大きいと思います。
不動産ローンの返済期間が半分過ぎたのであれば
まだ借りることができたかもしれません。

不動産担保ローン 調査費って…?!!




不動産担保ローンの調査費という名目を聞いたことはありますか?
この調査費について疑問を持ってください。


まずお客様が担保としてもってきた不動産の登記簿謄本をみて
「この物件ではお金を貸せないな、でもこのまま帰すのも勿体ない。」


そう内心では考えている不動産担保ローンの店員はお客様にこう言います。


融資可能だと思います。
でも本社で許可が下りないと最終的な融資はできません。
そこで本社を納得させるために調査をさせていただけないでしょうか?
詳しく調べていい結果を出せば本社も納得するので、、、
ですが土地の調査費はお客様のご負担になってしまいます
でも必ずいい結果を出します。
ですから明日調査費を振り込んでいただいてもよろしいでしょうか?


…こんなのは嘘です。
不動産担保ローン業者は本当に親身になって
このセリフを言っているようですが、実際には調査しません。


お客様から振り込まれたお金を確認してから数日後電話で
「申し訳ありません。残念ながら、、融資はできません
本社の許可が下りなかったんです。とても悔しいです。」


何が悔しいんでしょうか、
調査などせず内心では手元に入ってきたお金にうはうはです。


これは現実に起きている不動産担保ローンの世界です。
もちろんすべての業者が悪徳ではありませんし、
査定の際に実地調査をする必要はあります。


ですがまずどのような調査を、いつどの期間、どういった方法で、
何の目的で、だれが行うのかを確認してください。

そして悪徳業者も存在していることも考えてください。


不動産 担保 ローン 悪徳 業者の手口 〜印鑑と実印証明〜



契約をする日まで持ち出してはいけないものがあります。
それは実印と印鑑証明です。


悪徳不動産担保ローン会社は電話での応対の際に
「来店の際には実印と印鑑証明をお持ち下さい。」とさりげなく言い、
来店した時には「とりあえず申し込んでください。」
「来店してくださった証明にこの書類に印鑑を押してください。」
と言いながら印鑑を押してもらおうとします。


この印鑑を押した後は決まって
「実印のしるしとして印鑑証明をお貸しください。」と言います。


もし、あなたが印鑑証明を渡したが最後、
不動産業者はあなたの許可なしに勝手に担保設定ができるのです。


そう…あなたの知らないうちに
あなたの大事な不動産を担保設定することができるのです。


あなたがそれに気がついて、
業者に抵当権の抹消の請求をしてもそれに応じてくれるとは限りません。


こうなるともう法律問題になり弁護士を立てる必要があります
しかし、このような問題になる前にそもそも来店する際に
実印と印鑑証明を持っていかなければこうならなかったのです。


いいですか?何があっても
印鑑と実印証明は契約するその日まで相手側に渡さないでください

不動産 担保 ローン 審査 は時間はかかる??



不動産担保ローンの査定にかかる時間
いったいどのくらいなんでしょうか?


カードローンやサラ金にあるような一秒や数分間のでしょうか。
いいえ違います。じつは数日から数週間の時間を要するのが普通です。


もちろん担保としての土地が多ければ多いほど
査定にかかる時間は長くなります。


それはその土地を実地調査しなければいけないからです。
業者の中には「30分で融資が可能かどうかを決めます。」
とうたっているところもありますが、


融資する会社側としては実地調査をしないことには
融資可能かどうかは決められません。


つまり即決ということはないと考えてもいいと思います。
また物件の話だけを聞いて金利を提示してくる業者にも要注意です。
融資できるかどうかもわからないのに金利の提示ができるわけはないのです。


そして、皆さんが一番してはいけないこととして
低金利の会社をいくつか調べ、電話をし、
その中で一番の低金利の会社に行くこと
です。


それがなぜいけないのか?
それは口約束の低金利に守る義務はないからです。


正確には口約束を証明することができないので
守らないでもいいだろうという考えが業者の中にあるからです。


そして電話での低金利とはちがう金利を提示され、
納得できないまま契約してしまうことになるからです。


融資の査定には時間がかかること、
そして低金利のみにひかれないことを肝に銘じましょう。

不動産担保ローン 金利 をちゃんと計算しましょう




この前は借り換えについて書きましたね。で、す、が、
「素晴らしいですね、借り変えようかな」と思ったあなた、かなり危険ですよ。


この言葉のトリックにひっかかってはいけません。
落ち着いて計算してください。


もしA銀行からの借入残高が1000万円残っていたとします。
業者から2000万円借りて、銀行に1000万円返済します。


当然あなたの手元には1000万円残りますね。
ですが借りたお金は2000万円。
それを金利10%、20年で返済するわけです。


つまりあなたは
月々の返済金192000円を240か月返済していかなければいけません。


単純に掛け算してみましょう。
合計46080000円です。元本を利息が上回ってしまいました


その時は素晴らしく思えても
後になってから苦しくなることはたくさんあります。ローンの世界もそうです。


銀行の月々の返済で行っていれば
こんなに膨大なお金にはならなかったでしょう。


簡単な計算をする力があれば
トリックを見抜くことができてこうなりません。
安易な借り換えをする前に、まず計算を。


キャッシングランキング

モビット
管理人がモビットを1位にランキングしたのは審査時間がとても短かったからです。カードもかなりスピーディーに届きました。また三菱東京UFJが運営母体なので 返済するときにATMが多くて助かったのも理由の1つです。

ちなみに管理人は借り換え(おまとめ)でモビットを利用しましたが、他の会社さんでは断られたのにモビットは大丈夫だったので、このときは本当に助かったと思ったのを今でも憶えています^^

しかしその反面、銀行系ということもあり、審査はそれなりに厳しいようです。でもスタッフも優しくて、親切に応対してくれるので、一度は審査をお願いしてみるのもいいかもしれません。

詳細はこちらから


三菱東京UFJ銀行カードローン
管理人が三菱東京UFJ銀行カードローンをオススメする一番大きな理由は店員さんの対応です。当時、管理人は本当にお金がなく自宅の電話も持っていなかったのですが、漫画喫茶(パソコン)から申し込んだら。担当者の方が丁寧に説明してくれました。

こういった経験から初めてキャッシングをするなら三菱東京UFJ銀行カードローンがオススメです。ちなみに、このホームページからも申込が非常に多い業者さんでもあります。

詳細はこちらから


プロミス
すぐにカードももらえましたし、審査時間はとても短かったです。プロミスに関しては、その一回しか利用したことがないので、こんな体験談しか載せられないのですが、管理人としてはとても満足できたキャッシングでした。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

詳細はこちらから